干支と西暦の山に登る荏原山歩会だより


金峰山・瑞牆山


【日 程】2007年7月29日
【山 域】
【山 名】金峰山 m・瑞牆山 m
【地 図】

「この地図の作成にあたっては、国土地理院発行の数値地図25000(地図画像)、50mメッシュ(標高)を使用しました。」
国土地理院の成果の使用・複製に当っては、規定を守って下さい。
ルート記入はカシミールで作成しています。

【交 通】
【水 場】
【メンバ】富山橋他、合計人
【天 候】晴れ
【タイム】今回、
     
     


未明の3時、富山を出発して、安房トンネルを通り松本ICへ、長坂ICで降りて川上村に入り、廻り
目平の登山口に向かいました。今回は年に一度の貸切バスを仕立てての一泊山行と、たまには贅沢
もしてみたいのです。

6:45、途中の八ヶ岳SAで
画像

8:15、廻り目平 天気はまずまず、気温もさほど高くない様子です。トイレを済まし準備を整え、
長い林道歩きへと入ります。
画像

9:30、林道跡終点 林道終点になっても更に林道跡の道が続き、出発から1時間以上歩いて、よ
うやく登山道に変わる沢を渡ります。
画像
10:30、瑞牆山の展望場所
画像


画像

11:50、金峰山荘 〜12:20
画像


画像

12:45、金峰山頂上 〜14:00
画像

金峰山から大日岩への樹林の下は、見事なシャクナゲの群生、だが、花の名所として有名で無いの
で、全面敵に花を咲かせる事は無いのかも知れない。
画像


16:00、大日岩 空身で登ってきた若者は富士見小屋からだったが、大日小屋までなら、アッ
と言う間だと言います。
でも、ここまで下って来て疲れた身には、ここから小屋までが長くて疲れました。

16:25、ロープ場 ようやく小屋も近づいたようです。
画像

16:35、大日小屋 小屋には先客も管理人もだれも居ませんでした。 先日の台風の影響も残っ
たか、小屋前には豊富な水が流れており、心配無し、トイレは小屋の裏に有り、転落の危険を感じ
る様なものでした。
小屋内は広く、詰めれば30人以上は泊まれるでしょう。ただ、毛布は沢山有るものの、真夏以外
はシュラフの方が良いかもでした。費用¥2500を払いました。
画像


夕食は自炊、メニューはカレーライスと定番ですが、少々凝ったのでしょうか、レトルトではなく
具の肉や野菜は別に用意し担ぎ上げたものでした。
ビールは重いのでほんの少し、アルコールは焼酎なでしたが、この晩は少々遅くまで盛り上がった
のでした。

9月9日 5:40、小屋出発 お世話になった小屋に別れを告げ、富士見小屋に向けて出発。

6:25、富士見小屋
多分、富士山が見えるのでしょうが、確認が出来ない場所、小屋は粗末で泊まる気は起こりません
が、水場とトイレはしっかりしているので、テン泊の人は多い様です。
我々は、小屋前に瑞牆山をパスする2名とザックを置き、ほとんど空身で瑞牆山に向かいました。
登山道は一端下って天鳥川に降りる感じですが、富士見小屋との標高差はほとんど無いと言う、変
な登山道になっています。

7:00、桃太郎岩
画像

何処でも登山道の様な急登を登り切れば頂上もすぐそこです。
画像

富士山の顔を見せてくれ、展望もそこそこです。
画像

8:10、瑞牆山頂上 〜8:45
そろそろガスが出始め、昨日の金峰山の頂上を隠していました。八ヶ岳やその他の山々の頂上を隠
しており、ちょっと残念です。
画像


画像

一渡り展望を眺め、記念撮影などをすれば下りの開始です。 9:55、富士見小屋前 無事に瑞牆
山山行終了です。残りはバスの待つ瑞牆山荘まで下れば、冷たいビールにありつけます。
画像
11:00、瑞垣山荘
期待通り、キンキンに冷えたビールをグイーと一気に飲み増富温泉へでした。
温泉に浸かった後は完全に慰安旅行となり、バス中でビールを飲み、降りてはお土産を買い、賑や
かに帰宅の途に付いたのでした。 inserted by FC2 system