干支と西暦の山に登る荏原山歩会だより


2006年6月3日
新潟県・富山県朝日町 栂海新道 下駒ヶ岳


6月10−11と、干支の山旅「犬ヶ岳」山行を計画しており、その下見として、登山道や残雪の状態を見るため、山姥洞ルートから白鳥山に登り、途中の下駒ヶ岳まで行って来ました。

結論は、ルートには問題になる様な残雪は無く、雨さえ降らなければ、問題なく行く事が出来るでしょうと云う事でした。

ただ、山姥林道は工事中と土砂崩れのため、バリケードが置いて有り、自由に通行する事は出来ない状態でした。
山姥ルートは山姥洞から先は、トラバースが多く多少荒れていて、残雪も有るなど、ガスの日や雨の日は危険とも云える状態です。

1、我々が通った時は、林道分岐にバリケードも無かったので、そのまま通過し土砂崩れ手前で入って駐車し、その先林道終点まで数分歩きました。

画像

2、登山道は今が雪解け直後、ショウジョウバカマが花盛りでした。
画像
3、山姥洞付近ではガスが濃く、残雪が有って登山道探しになりましたが、ガスが晴れて  大きな案内板が有りました。



4、鼓ヶ滝付近もガスでした。
画像

5、登山道はカタクリの花盛りの場所も有りました。
画像

6、鳥居杉を通り抜け、もうしばらく登ると栂海新道と合流、そこから10分ほどで白鳥山です。
画像

7、白鳥山からは200mもの下りが有り、黄蓮山までは厳しいアップダウンが有ります。残雪も多いのですが、尾根を行く登山道には問題になる残雪は有りません。
画像
画像

8、今日は下駒ヶ岳まで、ここまでは問題無し、この先の下りを覗いて見ても積雪は無し、これなら次週の犬ヶ岳までの山行は可能と判断です。 「花」 9、ショウジョウバカマとカタクリ以外の花、と言いながらこれもカタクリ
画像

10、ショウジョウバカマとカタクリ以外の花、と言いながらこれもショウジョウバカマ
画像

11、ショウジョウバカマとカタクリ以外の花、ユキツバキ
画像

12、ショウジョウバカマとカタクリ以外の花、シラネアオイ
画像

13、ショウジョウバカマとカタクリ以外の花、ユキザサ
画像


14、花ではないけれど
画像
inserted by FC2 system