干支と西暦の山に登る荏原山歩会だより


2006年7月23日
「西暦の山旅」美ヶ原茶臼山とニッコウキスゲの霧ヶ峰


「西暦の山旅」茶臼山、標高2006m、毎年の干支の山と、西暦年に合った標高の山を目指す「荏原山歩会」その定例山行です。 この日は美ヶ原だけでは物足りないだろうと、霧ヶ峰の花の山旅ももくろんだので、朝早くの出発で、4:30、富山市荏原を出発でした。

マイカー3台で、安房トンネルを抜け松本に出て、松本市内を抜け、よもぎこば林道でビーナスラインに繋ぐ予定でした。 松本に入る前に朝食を済まし、無事に迷う事無く市街地を通過、美ヶ原の案内標識を見ながら前進、途中に「何処かが前面通行止め」「美ヶ原へは抜ける事が可能」との案内を見て、安心して行きました。
いよいよ三城牧場へ分岐の標識が有って、勇んで左折すると、そこには通行止めの標識とゲートが・・・・なんだ〜こりゃ〜でした。
せっかくここまで来たと云うのに、戻って和田からか諏訪から向かう事になるのか?と思い、がっかりでした。 でも、誰かが小さな案内が付いているのを見つけ、三城の山荘までは行けると書いている事が判りました。どうやら「やなぎこば林道」とは別の道が有り、そこから入れば美ヶ原に行けそうでした。
分岐に注意しながらしばらく戻り、「狭い・急坂」の案内標識から乗り入れました。確かに多少狭く多少急坂ですが、登山アプローチとしては広くて登りやすい車道でした。 無事やなぎこば林道の上に出て三城牧場を通過、後は支障無くビーナスラインに繋ぐ事が出来ました。

8:50、美ヶ原駐車場は時間が早かったせいか、未だスペースはガラガラ、天気は高曇り、視界は霧ヶ峰が見え隠れする程度、この調子なら茶臼山山行は問題なく出来そうでした。
画像 画像
山本小屋前から美ヶ原ホテル横を通って美ノ塔を通過し塩くれ場まで進み、そこから牧場に入って茶臼山を目指します。 遠いと言えば遠い様に見えますが、時間にすれば駐車場から1時間余り、すぐ目の前に見える樹林のピークが頂上です。 牧場なので、周囲は牧草が主ですが、所々に花が見えており、目立つのはミヤマウツボグサ・ハクサンフウロウ、終わりかけたテガタチドリなどです。牧場周辺にはニッコウキスゲはほとんんど見ることが出来ません。どうやら生えても牛の餌になってしまう様です。 その他には、ウスユキソウ・ハナチダケサシ・グンバイヅル・黄色い花のイチゴが沢山見えていました。
画像 画像
画像
さて、茶臼山へは徐々に下って最低鞍部になり、そこから一登りで頂上でした。頂上には別ルートから登った人もいて大賑わいでした。
10:00、この山は西暦の山として認識しており、記念撮影をして申し込めば、記念品だか証明書だかが貰えるとの事で、みんな揃って記念撮影をしました。
画像
撮影が終われば、そこにいても仕方の無いところなので、美ヶ原頂上の王ヶ頭(おうがとう)へ移動、そこで昼食とする事にしました。
11:20、王ヶ頭
画像
昼食後は帰宅するか霧ヶ峰に立ち寄るか思案の末、車が渋滞していたらUターンする事を覚悟の上、霧ヶ峰に立ち寄る事にしました。 ところが、渋滞どころか次第に多くなるニッコウキスゲを見ても、車はスイスイと霧ヶ峰中心部へ入る事が出来ました。 窓から見える満開のニッコウキスゲを見て、山頂上下の駐車場は無理だろうと思ったのですが、行って見ると駐車場は楽々と止める出来、あれれ?と言う感じでした。

14:20、車山下駐車場 時間に余裕は少なくなりましたが、1時間足らずのニッコウキスゲの大群落の散策です。この様な大群落の霧ヶ峰はほとんどの人は始めてと言う事で、もっと見ていた気持ちが多い中散策終了でした。
画像 画像
画像 画像
美ヶ原の人工風景に代わって、霧ヶ峰の自然風景を見て口直しと云うのでしょうか、これが霧ヶ峰が無ければ今日の山行は味気ないものになるところでした。 inserted by FC2 system