干支と西暦の山に登る荏原山歩会だより


2006年2月11日 飛騨市(神岡 桑崎山

参加者6人
富山橋M・W、N田M、S田M、きこW、たかW

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
到底頂上までは達する事は出来ないでしょうが、厳冬期の深雪ラッセルが体験出来るので
はないかとと言う事で、山之村高原(案内板は飛騨高原だが)から取り付くこの山に向か
って見る事にしました。

「この地図の作成にあたっては、国土地理院発行の数値地図25000(地図画像)、50mメッシュ(標高)を使用しました。」
国土地理院の成果の使用・複製に当っては、規定を守って下さい。
ルート記入はカシミールで作成しています。

何時も朝の集合には早い、たか姐が少々寝過ごしたと言う事で、朝6:00集合も少し遅
くなり、神岡に向けて出発、天気予報は雨時々曇りと報じていましたが、神岡市街から山
之村に向かう頃には雪になり、道にも圧雪が残る中を走ります。
峠のトンネルを抜けると、完全な豪雪地帯となり、道は廊下状態になっており、今日の山
登りは、簡単には進む事が出来ない事を自覚したのでした。

除雪終点には何か施設が有るのですが、何の施設か良く判りません、この辺りの牧場の管
理舎でしょうか、冬も働く人がいる様です。

除雪終点

8:45、出発
林道を辿らなくても良いのですが、林道と思えるルートを辿ればアップダウンが少なくい
くらか歩きやすいので、林道に沿って進んで行きます。
カンジキでも膝以上に潜る深さの積雪が行く手を阻みます。交代でラッセルを繰り返しま
すが思うほど効率よく前進する事が出来ずでした。

10:05、林道から沢へ
林道から外れ山に向かうルートに入るまで1.5Kmに1:20の所要時間です。これか
ら先、勾配も強くなるので、更に速度が落ちる事でしょう。

樹林を登る 樹林を登る

13:10、下山開始
アルコール切れは下山命令、充分でもありませんが楽しんだので、下山開始です。
時間のかかった登りでしたが、下りはあっと云う間に終わりです、ほんの少しシリセード
を楽しみ、元来た道をたどって駐車場所へ。

帰りはシリセード

温泉は神岡市街まで戻って、割石温泉に浸かり、さっぱりして帰宅でした。

inserted by FC2 system