干支と西暦の山に登る「荏原山歩会」だより


04年3月13−14日
長野県 野沢温泉ブナ林と栂池自然園


04年元旦以来の荏原山歩会有志の山行でした。
3月13日の晩は野沢温泉恒例のイベントが有り、その時の花火が良かったとの事で、今年
も是非行きたいと言う声が上り、それなら私も毛無山の先のブナ林にも入って見たいと云う
事で、計画を実行する事になりました。

06:30 荏原公民館前発
13・14の両日とも好天予報で絶好の山行日和、今回はゲレンデスキー組と山行組がいま
すが、どちらも期待を持っての出発でした。

10:00頃 野沢温泉
3年続けての春の宿になった梅之屋に予定通りの到着です。
今日は毛無山頂上より少し先まで行き、昼食小宴会をして、ブナ組とスキー組の2手に別れ
て下山の予定です。

ゴンドラとリフトを乗り継いで頂上下に到着、もしかして気温が低くアイスバーンになって
いるかも知れないと持って来たアイゼンは不要、カンジキも不要なくらいにしっかりした雪
でした。
黄砂の影響で、視界は霞んでいますが、風も弱く絶好のツアー日和でした。

カンジキを付け準備完了

10:50 ツアー出発
毛無山左を巻いて次の鞍部に向ってトラーバースします。ゲレンデを離れるとすぐにブナ林
になります。
3m越えの大木も数多い様です。積雪が有るので、3.5m越えも有るのかも知れません。
少し傾斜の強い所が有りますが、雪面が柔らかいので、何処までも滑落して危険と言うほど
の事は有りません。

毛無山頂上下のブナ林 トラバース

事も無く鞍部を通過、かなり急勾配になった尾根をしばらく登り返せばもう目指す1633
m頂上でした。

12:00頃 1633m頂上
今日はここまで、時間にもなったので、昼の小宴会を楽しむ事にします。
雲が出て少々風が強まり寒くなりましたが、その内回復するだろうと、雪テーブルを作り持
って来た食べ物やら飲み物を出し、楽しい語らいを始めました。

しかし、何故か急にガスが濃くなり始め、風も更に強くなり、小宴会どころでは無くなって
しまいました。ついには視界5〜10mで雪も降り出す始末、急いで下山の支度でした。

ガスに包まれたブナ林(これで視界が良い方)

ゲレンデを降りていても自分の位置が判らなくなる位のガスで、林道を通過して降りてしま
い、登り返すほどでした。気温も下がり、サックの外に付けていたペットボトルのお茶が氷
になっていました。ガスは上ノ平下部まで続き、ゴンドラ駅もやっとの確認でした。

14:30 ゴンドラ駅
ゴンドラ駅より少し降りると、それより下では視界良好、今回は急傾斜のゲレンデがやや不
安な人がいたので、林道ルートをゆっくり滑り降りました。

16:00頃 梅之屋着 

***********    *************    **************


かくして今度は温泉モードに
温泉は例によって外湯へ、冷えた体・疲れた体には温泉が最高、ゆっくり浸かれば外の寒さ
も気にならないほど温まります。

野沢温泉アフターハイクは楽しいものでした。
夕食の美味しい手作り家庭料理は、ボリュームたっぷりで、ビールに酒も進みほろ酔い過ぎ
ても尚余る程のものでした。

さて、食事は余り長引かせる事は出来ません。今夜7:30よりイベントが有るので、それ
を見物に行くのも今回の野沢温泉行きの目的でもあるのですから。
まず地酒・甘酒の振る舞いが有り、若者が歌やらダンスやらを披露し、地元の和太鼓の熱演
有りで、我がグループに一番受けたのは、「じゃがりこ音頭」(?と言うのか)
じゃがりこな〜♪じゃがりこな〜♪じゃがりこな〜♪と繰り返すお囃子が単純で覚えやすく、
可愛い女性の仕草が魅力的と云うのでしょうか、何となく田舎の匂いも有って楽しい音頭で
した。

松明滑降は上級者のスピードには度肝を抜かれました。(松明滑降、やった人は判るでしょ
うが、急傾斜を高速で滑降するのは暗くて難しいのです)
最後を締めくくったのは花火でした。冬の花火は綺麗と聞いていましたが、今まで見た事は
無かったのですが、これは見事なものでした。色も綺麗ですが、谷間に響く音は広い平地で
聞く音とは全く違います。「感動した!」ですね。

これで梅之屋に戻ってお仕舞、とはなりません。例の貴賓室が待っているのです。他の泊り
客と混じっての懇親が有ります。
そこで、た〜さんからの報告、「実は今日2時間ほど山に登って来た。登ったとたんに天気
が悪くなり、ガスが立ちこめ雪が降り始めて来た。」との事、何と、今年初めての山行と言
うのに、持ち合わせの雨男能力を見事に発揮してしまったのでした。謝る事しきりですが、
それよりも冗談とは云え、余りにも見事な天気の変わり様に感心するやら笑いがこみ上げる
やらでした。
こうして貴賓室でも盛り上がりながら夜は更けていくのでした。

***********    *************    **************

明けて3月14日、当然晴れの良い天気です。
朝食を終え、車に荷物を積み込んだのが8:00を過ぎていました。恒例の梅之屋玄関での
記念撮影も済まし楽しかった野沢温泉一泊山行に別れを惜しみました。

今日はこのまま帰るのでは無く、栂池スキー場から天狗原方向に登り、スキー組はスキーを
楽しみ、カンジキ組は山行を楽しむと云う魂胆です。
長野→白馬はオリンピック道路を使うと、野沢温泉→栂池スキー場まで約2時間、栂池で遊
ぶ余裕は少ないのですが、天気が良いのでドライブ気分も味い、はしゃぎながらの栂池入り
でした。

到着時刻11:40頃、風の冷たさは多少感じるものの、青空の広がる好天で、天狗原から
の滑降が大いに期待出来ま。
うきうきした気分で出発の準備です。同乗者のザックを下ろし、自分のザックも下ろし、キ
ャリヤに付けて来た2本のスキー板の内、今日使わない板を積み込み、さて靴をと思って車
内を見ても無い・・、前の座席を見ても無い・・?勿論外にも無いのです!

嗚呼、やってしまった〜〜、宿で積み込みの時、板・靴・ストックや手袋など小物と順序良
くかつ、間断無く積み込みしなかったのが原因でしょうか、あいや、例によって私の大ボケ
が原因でしょうけど、よって靴は野沢温泉梅之屋に在庫となっているのでした。

ガ〜ン、今日の山行はこれで終わりかと思ってしまいました。
リーダーたるものこれではいけないと、必死で車の中を探すと、積雪期用のしっかりしたブ
ーツが有りました。これでも使って山行しようかと話をしていたら、ホテルイブプラザの主
人が聞いていて、長靴ハイクにしたらと暖かそうな長靴を貸してくれました。
これなら山行はまず問題ないでしょう、スキーが出来ず、下りのゴンドラ料金を払うのは誠
に残念ですが、これは私のボケ頭へのお仕置きです、甘んじて受け入れるしか有りませんで
した。

さて山行の方はこの様なトラブルが有って、予定よりかなり手前の栂池自然園でツェルトを
張って昼食宴会をし、下山するだけになってしまいましたが、3時間余りの雪上遊びを楽し
む事が出来ました。

天狗原は遠い
下山は森へ ブナも見えました


悔しいのでおまけ談
実はこの日、私も会員の富山ヒールフリースキー協会のツアーが当地栂池で行われていまし
た。このメンバーの中でも靴を忘れて来た人がいたそうで、ボケは私ばかりでは無い!と、
慰めてみたのでした。


inserted by FC2 system