干支と西暦の山に登る「荏原山歩会」だより


4月28日
長野県小諸市 黒斑山  2404m


「荏原山歩会」アヤさま、キコさま、富山橋2、富山橋の4人の山行でした。
時には有名山へもと、少し遠いが簡単なこの山に向かいました。立山ICから小諸ICまで
高速道路を利用し、黒斑山登山口の車坂峠(標高約2000m)まで車で乗り付けての山行
始まりでした。
残雪はほとんど無し、辺りは針葉樹中心の樹林で花など見えずの登山道でした。わずかに残
った残雪が解け出しぬかるみ、出会った下山者は泥だらけ状態の人もいるほどでした。
それでも登るほどに視界が開いて来て、振り向けば登り始めの車坂峠や下界が視界に入って
来ます。向かう方向には、針葉樹に覆われた斜面の広がりが見え、幾らか気分も高揚して来
る様です。

浅間山の筋残雪

噴火時の非難シェルターが見えると外輪山の稜線でした。稜線からは残雪が筋状に残った有
名な光景が見えていました。雲に紛れて目立ちませんが、噴煙も見えていました。
行き交う登山者も一段とに多くなり、有名山の頂上近くらしく、騒々しい山域になります。
稜線を少し下り、針葉樹林を一登りすると噴火観測施設が有って、その先が頂上でした。
頂上は団体さんで満員だったので、頂上を通り過ぎ、少し下った視界の良い場所まで移動し、
昼食をして頂上に戻り、記念撮影をして下山しました。

時 間:
6:00荏原公民館−10:20車坂峠−11:50外輪山稜線−12:20頂上13:00−14:30車坂峠
登山道:有り、尾根道を登り沢道を降りた

水 場:車坂峠

「2.5万地図」
国土地理院地形図閲覧サービスにリンク、閲覧に当っては注意を守って下さい
3.5k×3.0k車坂峠から東方向へ


inserted by FC2 system