干支の山に登る「荏原山歩会」だより


2001年7月21日 岐阜県 丸黒山(1956m)



高山市から乗鞍岳に登るルート、千町尾根に有るピークです。
ガイド本にブナの木平として写真入で紹介してあったのと、千町尾根は日本海と太平洋の分水嶺になっているので、「富山流域のブナ林」として、御嶽山に行ったついでに訪れてみました。

取り付きか国立乗鞍青年の家駐車場(1500m)からです。駐車場には大きな案内板が有りますが、大きいばかりで詳しい事がほとんど判らないと云う不親切な案内板です。遊歩道が沢山有り、車道もかなり上まで行っているので、何処が正しい取り付きと云う事は無いのでしょうが、この大きな案内板の左脇から登り始める階段が判り易いでしょう。キャンプ場管理棟や炊事場・トイレの有る所まで登ると林道(牧場作業道)に出会います。この林道に入ると後は標識が次々と出て来るので迷う事は有りません。

ブナの木平の3m級ブナ

林道終点から10分ほど行った所に「ブナの木平」が有りました。しかし、ブナ林は猫の額程度で、3m越えの大木1本と小木が数本と云う、騙された様なブナ林でした。
ほとんどが唐松の植林か針葉樹、広葉樹が有っても太いものは見当たらないと云う、原生の感じがしない樹林帯を行きます。おまけにこの登山道は上り下りが多くて、ルートの2/3ほど歩いても標高150mしか稼げません。
「がんばる坂」やら「根性坂」などと云う、青年の家向きの名の付いた登りが有りますが、言うほどの事も無く頂上に達します。

乗鞍岳肩の小屋が見える

頂上も未だ樹林帯ですが切り開いてあり、乗鞍や白山が展望出来るそうですが、今回見えたのは乗鞍方向だけでした。
時 間:
10:30青年の家駐車場(1500m)−11:05ブナの木平(1520m)−12:20避難小屋(1620m)−13:35丸黒山頂上(1956m)14:15−17:00駐車場
登山道:
根性坂途中で階段は無くなるが、それまでは整備のやり過ぎと思えるくらいの整備
水 場:
キャンプ場、避難小屋に通じる旧道(8月中には枯れそうな細い水)



inserted by FC2 system