干支と西暦の山に登る
「荏原山歩会」だより


9月16日
「干支の山旅」比良山系 滋賀県 蛇谷ヶ峰 902m


【日 程】2001年9月16日
【山 域】比良
【山 名】蛇谷ヶ峰(じゃたにがみね)902m
【地 図】1/2万5千:
【交 通】マイカー利用、滋賀県朽木村から朽木スキー場まで
【登山道】しっかり整備されている

【水 場】途中に水場無し(沢水ならスキー場に有り)下で用意した方が良い
【メンバ】荏原山歩会メンバー
【天 候】曇り一時雨
【タイム】今回  =登り*:**・頂上と食事0:**・下り*:**
     ガイド本=登り*:**           下り*:**
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaabaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaab

巳年の今年は近くに手頃な山が見当たらず、少し遠くなりますが、この山域への遠征になりました。まあ、今年は西暦の山2001mが無いので、この程度の遠出は有っても良いのでしょう。しかし、訪れる時期としては秋より春の方が良いのではと思ったりします。

出発が6:00と少し遅かったのと、休憩のたびに観光気分のお土産の品定めなどが有り、予定より1時間遅れの10:30朽木村到着で、登山口は最も手軽なスキー場からのルートになりました。
スキー場からも2ルート有りますが、スキー場中腹から右に分ける小沢に入り、綺麗に整備されたジグザグ道を登るルートを選びました。

頂上はもうすぐ

天気予報は晴れと言っていたのですが、時々雨の降る不安定な天気で、余り展望は期待が出来ないのですが、干支の山だけに、雨が降っても中止の思いなど無く、黙々と上を目指して歩きました。
綺麗に下刈りされた雑木林は、登山者のために整備したのでしょうか、杉・桧植林も有りますが、ブナも少し混じっていると云う、なかなか気分の良い登山道です。

頂上手前から雨がぽつぽつ降り出してしまいました。頂上に着いた時は10数人の登頂者がいる様に見えたのですが、風を避けた所に大勢の人がいてびっくり、あちこちから登山道が有るので、やはり登山者も多い様です。

記念撮影が終わると、雨がますます強くなる様に思えたのですが、雨具を着けて昼食をする事に決めると、次第に雨が小降りになってくれました。
例によってビールを飲み、春田さんの提供のマイタケ汁を楽しんでいると、ガスも途切れ琵琶湖も姿を見せてくれ、比良の山並みは見る事が出来ませんでしたが、一応展望も楽しむ事が出来ました。

もう頂上到着です

「荏原山歩会」今年の干支年男は、大河内さんと金森さんだそうです。

inserted by FC2 system